このタイミングだからこそ

結婚は人生の大きなターニングポイントです。これまではお互い自分中心の生活をしてきた二人が共に日々一緒に生活し、これからの人生を共に歩んでいくことになります。ここでは、これから結婚をする、または結婚したばかりのあなたのために、新婚の部屋探しのガイドをしていきます。

あなたはこれままで実家に両親とともに住んでいたかもしれませんし、一人暮らしで勤務先に近い場所に住んでいたかもしれません。しかし、ライフスタイルと人生の価値観が大きく変貌するこのタイミングですから、新しい愛の巣(新居)に移り、心機一転よりハッピーな生活ができる新居を探しくのがよいでしょう。もしも、これまでしばらくの同棲生活をしてきたあなたも、結婚をしてこれまでの関係が大きく変わったこのタイミングで、人生の中の新しいラインを引く意味で、新居に移るのもよいかもしれません。

子どもを見据える

結婚するということは、これまで一人だけだった生活が二人の生活に増えることを意味します。そしてさらに、これから子供が生まれ、家族が増えていくことにもなります。子どもができた後のことを考えて部屋探しをしていく必要があるということです。そうなると新居探しでは、部屋の数をまず考えていく必要がありますし、次に子どもが成長した際の環境もある程度考えていくのがよいともいえます。

親との位置関係

また、結婚するということは、お互いの親と親類関係になるということです。新居探しもただ二人だけの都合で決めていくのではなく、お互いの親とどのようにつながっていくのかも考えていくのがよいでしょう。伝統的な形で行けば女性が男性に嫁ぐ形ですので、男性の実家に近い場所に移るのがよいかもしれません。しかし男性の実家が遠方で女性側の実家が比較的近い場合は、女性側の親がアクセスしやすい地域に住むのがよいかもしれません。特に結婚後もそのまま共働きで生活していく場合、子供が病気で保育園や幼稚園、または学校を休んだ際に面倒を見てくれる存在になります。また、それだけでなくとも親は孫の様子を常に近くで見守っていたいものです。これらのことも考えて部屋探しをしていくのがよいでしょう。

いろいろな価値観が交わる

もともと価値観の違うお互いが一緒に住むのですから、このように本当にいろんな価値観が交わることになります。だからこそお互いが満足してハッピーになれるような新居探しを、ここでお手伝いさせていただこうと思います。